大阪府の審美歯科情報・検索サイト

TOP > セラミックインレー

セラミックインレー

photo01

インレーとはむし歯治療などでむし歯による浸食部分を削ったあとに埋める詰め物のことです。歯科で治療した銀歯が、しゃべる時、食事をする時に目だって気になるとお悩みの方も多いと思います。このような方におススメなのがセラミックインレー治療です。歯と同じ色のセラミックの詰め物をする事で審美的に歯の白さを取り戻すことが出来ます。

セラミックインレー

セラミックインレーとは、虫歯治療などで虫歯による浸食部分を削ったあとにセラミックを詰める治療法です。保険適用範囲の治療であれば、いわゆる「銀歯」を詰めるのが一般的ですが、自然歯に近い色調を持つセラミックを詰めることで、自然な外観をキープすることができます。また、陶質であるセラミックは金属アレルギーを起こすことがなく、安心して治療を受けることができるというメリットも持っています。

施術前 → 施術後

ハイブリッドセラミックインレー

セラミック(陶材)の硬さと樹脂の粘り強さをあわせもった素材を使用したつめ物です。保険適用のプラスティックのつめ物よりも、より永く白く美しい歯を保つことができます。ハイブリッドは使用により少し色が悪くなってしまう可能性があります。